February 5, 2017

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

さて、「腰」に関してのひとまずの最終章(まとめ)、

『すべり症』についてこのたびは考えたいと思います。

“人間” にとって腰は、重要な役割を果たしています。

腰が痛むことで、

人間は姿勢を維持すること、動くこと、

もっといえば立つことも困難をきたします。

そのことに関しましては、 前回の内容をご確認ください。

 👇

“背骨”の役割としくみ

前回確認した内容ですが、

腰椎には馬尾神経を入れた硬膜管が通っている孔があり、

これを“脊柱管”といいます。

「『すべり症』では腰椎がずれること」によっ...

January 9, 2017

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

さて、ここ2回に亘り、

この「お役立ち情報」のページに、

『腰』に関しての内容を掲載しました。

スポーツをする人、

さらには広く、

年齢や性別に関係なく、

“人間”

にとって

腰は重要な役割を果たしています。

そして、

アスリートの卵たちである「育成年代の子どもたち」にとって、

腰を意識することは、

非常に大切なポイントになります。

その理由は、

前回前々回の内容をご確認いただきますと

ご理解をいただけるかと思います。

次は、

前回解説しました腰椎分離症が引き起すともいわれる

腰椎すべり症

に進んでいくことを予定...

January 2, 2017

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

前回、「腰(こし)の痛み」について書きましたが、

実際に腰の不調として、出てくるのが臀部(お尻)と腰の間周辺に感じる違和感です。

それは、『腰椎分離症』を負っている可能性があります。

腰椎分離症は、激しいスポーツをした時に、

強く腰をひねったり、反らせたりすることで起こりやすいといわれています。

特にまだ骨の弱い“少年期(成長期)”に起こりやすい症状ですが、

日常的に激しい運動をするアスリートは、

“年齢に関わらず”この症状を抱えている比率が高いようです。

腰椎分離症を簡単に説明しますと・・...

December 28, 2016

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

腰痛・・・

腰の痛みは、『二足歩行能力』を獲得した人間だからこそ起こる痛みでもあります。

人間と反対に四足歩行を行なう動物は、

前足を動かしている“肩”と、後ろ足に繋がる“腰”の二箇所に自分の体重を分散して支えています。

一方、二足歩行する人間は、腕を使わず自分の体重を“足腰だけ”で支えています。

単純に考えますと人間が行っています二足歩行は、

一般的な動物が行う四足歩行の『2倍の負担』が足腰にかかっていることになります。

直立して *上半身の重さが、常に腰に負担をかけているのです。*全体重...

November 17, 2016

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

以前、「膝(ひざ)の痛み」について書きましたが、

それと同様に サッカーをする成長期の子どもたちが、

ある年齢に差し掛かりますと、膝だけでなく 

「踵(かかと)が痛い」

と訴えることも出てきます。

成長期の子どもたちの膝や踵は、なぜ痛くなるのでしょうか?

👇こちらもぜひご覧ください。

~ひざの痛み -オスグッド・シュラッター病-~

原因はいろいろありますが、

特徴は 対象者が、

身体の発育が著しい“成長期である子ども”に多いこと。

そして、

運動中、運動後(下肢を使った後)に痛みを訴え...

October 21, 2016

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

さて、オスグッドシュラッター病について、その原因を考えたいと思います。

成長期に起こりやすい、ひざ下の痛み・・・

これが「オスグッド・シュラッター病(*以下オスグッド)」でした。

※その詳しくは、これまでの記事をご確認ください。

    ➠ひざの痛み -オスグッド・シュラッター病-

       ひざの痛み -オスグッド・シュラッター病- “原因その1”

ひざ下にある、すねの上部の骨を引っ張っている原因となってい...

October 4, 2016

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

成長期に起こりやすい、ひざ下の痛み・・・

これが「オスグッド・シュラッター病(*以下オスグッド)」でした。

※その詳しくは、前回の記事をご確認ください。

 ➠ひざの痛み -オスグッド・シュラッター病-

ひざ下にある、すねの上部の骨を引っ張っている原因となっているのが、

大腿四頭筋(太もも前側)の筋肉です。

この太もも前の筋肉が、硬直している元となっているのは、

一体何でしょうか?

まず考えられるのが、

高強度のひざの曲げ伸ばし運動を行っている

太もも前側が緊張する姿勢や動作を行っている

...

September 27, 2016

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

サッカーをする成長期の子どもたちが、ある年齢に差し掛かりますと、

「ひざが痛い」

と訴える子が出てきます。

その子の膝を注意深く見ていますと・・・

膝の下辺りが、少し出っ張っているのが分かります。

そこで、病院や整形外科や接骨院に掛かりますと、

『オスグッド』

と聞いたことがない、不思議な病名を告げられます。

その後(多くの場合)は、

「原因は“成長痛”または“使いすぎ”」と診断されます。

そして、一般的な対処としては、シップや、電気治療で

「とりあえず安静にして、様子を見てください」の一言で、終わ...

July 18, 2016

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

いきなりですが・・・サッカーの世界最優秀選手の動作をご確認ください。

(サッカーが好きな方も普段興味のない方も、ぜひ下の写真を観てください)

下の連続写真(※ライトグリーンのユニフォーム選手)は、

多くの方が、“カッコよさ”でご存知かと思いますが・・・

あの、「C.ロナウド選手(ポルトガル代表)」です。

華麗なドリブル、そして豪快なゴールが魅力的な、

正に世界を代表する、スター選手の一人です。

[◇2016ヨーロッパ選手権 準決勝 ポルトガル vs. ウェールズ]

ロナウド選手から見て、左側か...

July 13, 2016

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

子どもがケガをする要因のひとつが・・・

転倒した際に上手く手がつけずに、頭部(顔や頭)を打ちつけてしまうことです。

手がつけない背景に、意外な理由があります。

それは、赤ちゃんの時期の『ハイハイ』の経験です。

しかし、親の「子どもを早く立たせたい」という思いがあったり、

室内環境から、家具が近くにあるためにすぐにつかまり立ちをしてしまったりして、

昔と比べると「ハイハイをする期間が短くなっている」という現実があります。

過去においては、ハイハイすることによって、自然に身体の力が鍛えられ、

ハイ...

Please reload

最新記事

February 25, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

【医療系情報について】

記載しています病気や怪我等の情報に関しましては、入念な調査をして記載しておりますが、症状等は

個人によって異なります。参考いただく中で、

“信頼できる医療機関”での受診をお勧めいたします。

【代表チームのメンバー・TV中継について】

​全ては、信用できるところからの情報を基に記載しております。但し、予定外の変更等に関しましては、

対応(*修正)ができない場合もございます。最新の情報は、協会ホームページ等をご参照ください。

© 2016-2020 alegrun tokai