サッカーシューズの選び方

June 16, 2016

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

 

 

先日、サッカーの活動にご参加の保護者さまから

「サッカーシューズ・・・種類がたくさんあって、よく分かりにくい・・・」

というお声を耳にしました。

かにその通りで、サッカーシューズは種類が豊富です。

本当に、各メーカーから発売されているシューズの数の多さには、驚かされます。

私たちの子どもの頃は、お店にはあれとこれとそれくらいしかありませんでした・・・。(-_-;)

 

そこで、以前もクラブ内でお手紙でお伝えしました、『基本的なサッカーシューズの選び方』を

数回に分けてご説明させていただきます。

 

【サッカーシューズの種類】

現在、メーカーは、自社の製品がどのようなグラウンドに対応しているのかを、

個々の製品ごとに商品説明として明示しています。

昔はそのようなことは行われていませんでしたが、その必要性が出てきた理由としては、

近年、人工芝のピッチが急速に増えているように、(ピッチの多様化が進む中)自社の製品が

想定されていないピッチで使われることによって、(破損やケガ等)不測の事態が生じないように、あらかじめ周知を図っているといわれています。

 

では、基本的なものをご紹介します。

 

 1.HG(ハードグラウンド)=硬く乾いた土…学校などの校庭のグラウンド

 2.FG(ファームグラウンド)=天然芝…競技場、サッカー場

 3.SG(ソフトグラウンド)=長めの天然芝、雨で濡れて滑りやすい環境…軟質のグラウンド

 4.AG(アーティフィシャルターフグラウンド)=人工芝…毛足の長い人工芝グラウンド

 5.TF(ターフ)=硬く乾いた土、毛足の短い人工芝グラウンド

 6.IN(インドア)=体育館など屋内ピッチ

 

1~4は、スパイクシューズです。

5と6は、トレーニングシューズ、またフットサルシューズです。

⇒“トレーニングシューズ”と判別し易いように「TR~」という表記を用いるメーカーもあります。

 

たくさん種類があるからこそ、「選び方」、「使い方」を間違えると問題が生じます。

①身体に支障(ケガ・スポーツ障害)が出る

②製品(シューズ)自体が壊れる

③施設から使用が禁止される

 

①について…シューズの底の形状や仕様が合わないと、突き上げ感・圧力が強くなり、足腰への

        負担が大きくなる。急発進・急停止に優れる一方、足への負担も大きくなる。

②について…アウトソール(※スパイクの場合はポイント)が壊れる。削れや摩耗が早い。

      アッパー(表皮)とソール(靴底)との接合面が剥がれる可能性がある。

③について…屋外グラウンドの場合、グラウンドの状況によりスパイク禁止のところがある。

      屋内(体育館)の場合、アウトソールに色がついているシューズを使用すると、

      体育館の床に色がついてしまうことから、施設規定で

      「靴底が飴色のものか、もしくは白色や“ノンマーキング”と記載のあるもののみ使用」

      とされている場合が多い。

 

スパイクシューズは、

靴底全体の面積に対して、

「地面に接する面積が小さく」

“強い突き上げ感”があります。

 

スパイクは、分かりやすく説明しますと、

(生け花で用いる)剣山を靴底に使ったシューズを履いている

のと、状況としては同じです。

地面へのくいつきは優れているものの、

硬い地面になればなるほど、足底に加わる圧力(突き上げ感)は大きくなります。

 

このように説明しますと、スパイクが悪者のように感じられるかも知れませんが・・・

日頃の活動場所、対象年齢を考慮しますと、

スパイクシューズを今、履かなければいけないのか否かが、見えてくるかと思います。

「見た目のかっこよさ」や「CM」、また「憧れのサッカー選手が使用しているモデル」などに、

ついつい惹かれてしまうかも知れません。

そこで自然に、スパイクシューズに手が伸びてしまうことも多いと思われます。

しかし、身体の成長・発育の途中段階の年齢のお子さまが、骨格の出来上がった大人のプレーヤーと同じ基準でスパイクシューズを選択してしまうと、思わぬケガや障害につながることがあることにも

充分注意する必要があるかと思います。

 

普段のトレーニング環境は、主に土の地面です。

 

大人と子どもの足の形状は違います。

そして子どもの骨は、まだ軟らかく変形もしやすいため、

足底の骨への負担が大きくなると、

特に、一番外側の指の骨(※第5中足骨)や、かかとの骨(※踵骨)などの

骨折や変形などが起こる可能性も出てきます。

 

このような状況から、アレグランでは、

「強い圧力で足への負担が強くならないよう」に

“普段の運動靴に近い”

ゴム底の『トレーニングシューズの使用』を推奨しています。

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事

February 25, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2016-2020 alegrun tokai