足の裏の秘密

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

『転倒』を防ぐ・・・

『転倒』をして、大きなケガをしないために・・・

転倒関連の2つの記事を、このお知らせページにも既に書かせていただきました。

人間は二足歩行していますので、動きのポイントの大きな一つは、

間違いなく足にあります。

人間は、足で立ち、足で地面を踏みしめて生活しています。

もちろん、“スポーツをする時”にも、そのことは続いています。

しかし一方で、

「子どもたちが外で遊んでいる時」にも

「体育の授業で身体を動かしている時」にも

そして、

「サッカーをしている時」にも

靴を履いています。

ですので、足がどのように使われているかは、自身でもよく確認することができません。

そこで、一度靴を脱いだ時、ソックスも脱いで

“裸足”になって足の裏を見てみましょう!

その自分の足の裏に、アーチはできていますか??

一般的に広く知られているのは、土踏まずです。

これは、内側縦アーチです。それ以外にも、実は2つのアーチがあります。

☆前側横アーチ

☆内側縦アーチ

☆外側縦アーチ

計、3つのアーチ がきちんとできていますか???

(※“3つのアーチ”については、画像右下の赤テープを貼った写真をご参照ください)

どのアーチにも、それぞれの役割があります。

その昔、かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチも、

人間の足部に関して、かつて次のような言葉を残したそうです。 「足は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である」

一方で、唯一地面と接地している足部の構造が、人体に与える影響の大きさは計り知れません。

地面と接地している面(足部)が正しくないと、様々な問題が生じてきます。

足の問題を、他の身体の機能で“無理に”補おうとすることで痛みなどが生じます。

例えば・・・

●足の上に連なる全身の骨格バランスが崩れる

  ☟

  ▲崩れたバランスを整えようと、身体の他の部分が働くため、筋肉や関節に痛みが生じる

[腰痛、股関節痛、首または頭痛など・・・]

  ▲立っている時、また歩行時がつらい

さらに直接的に足にも問題が・・・ 

 ●「足底腱膜炎」「脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)」などを起こしやすくなる

アレグランでは小さい時から、

人間にとって大切な、『足を育てる』ことにも重きを置いて、活動しています。

クラブ活動報告、“アレグラン日記”にも、ぜひお立ち寄りください!

☆2016.07.03 更新…足の裏を鍛える! http://alegrun.link/?eid=42

#健康

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square