Road to Russia ~第1節/第2節~

September 1, 2016

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

 

 

さて、サッカー日本代表のロシアに向けた最終関門が、いよいよ始まります。

9月1日本日、SAMURAI BLUE(日本代表)は、

アラブ首長国連邦(UAE)代表とのアジア最終予選の第1戦を迎えます。

 

 

 

8月28日に埼玉県内で練習をスタートさせた日本代表チームは、

当初のメンバーから、長友佑都 選手と槙野智章 選手の2人が負傷のため参加を見送り、

代わって、丸山祐市 選手(FC東京)と遠藤航 選手(湘南ベルマーレ)が追加招集されました。

清武弘嗣 選手ら海外組が、遅れて合流するなど限られた準備期間の中で、

重要な初戦に向けての調整を進めてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1戦の相手、UAEですが・・・昨年のアジアカップ準々決勝で敗れています。

開始早々にカウンターから失点すると、

その後は押し込みながらも、守りを固める相手を崩せずに大いに苦戦。

終了間際になんとか同点に追いついたものの、PK戦の末に敗れています。

 

この試合で、ひと際偉才を放っていたのは、

10番をつけたMFオマル・アブドゥルラフマン選手でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準決勝進出をかけた、運命のPK戦。

オマル選手は、“パネンカキック”と呼ばれるキック(チップキック)で、

この大舞台で堂々ゴールを決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PKだけでなく、前線に決定的なラストパスも供給してくる名手は、

日本にとっては、難しい相手であることは間違いありません。

 

しかし、絶対優位なホームの日本は、負けるわけにはいきません。

さらに、過去のデータ上、最終予選の初戦は絶対に落とすことはできません。

なぜなら、長いワールドカップ予選の歴史の中で、

『最終予選の初戦を落とした国が、

 アジアの代表として本大会に出場したケースは一度もない』

からです。

 

 

そして、 第2戦のタイは、過去に一度もワールドカップに出場したことはなく、

最新(2016年㋇)のFIFAランキングは、120位と低い数字です。

ただ、決して、あなどることはできません・・・。

 

例えば、タイのエースとして君臨する、FWチャナティップ・ソングラシン選手は、

“タイのメッシ”の異名を持つ実力者です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで、Jリーグでも多くのクラブが高い関心を示し、

実際、Jクラブの練習にも参加した経験があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記憶にも新しい、U-23日本代表が優勝した五輪予選を兼ねたカタールでの大会。

手倉森ジャパンは、この大会のグループリーグでタイ代表と対戦し、

4-0で完勝しています。

しかし、タイ代表は、他の国(北朝鮮、サウジアラビア)には、引き分けています。

しかも、どの試合も得点を挙げています。

動画は、北朝鮮代表対タイ代表ですが、この映像内の1分過ぎの場面で、

右サイドで目の覚めるようなシュートを決めているのが、

タイのエース、チャナティップ・ソングラシン選手です。

 

FIFA公式サイトのインタビューで、日本戦に向けた自信を語っています。

「難しい試合になると思う。だけど、フットボールに不可能なんてないんだ。

 日本代表は強い。

 だけど、負けることだってある。フットボールとはそういうものだ。

 監督は、ホームでは勝たなければならないと言っている。

 アウェイでは1ポイントでOKだけど、負けてはならない。

 ホームでは3ポイントが必要だ。

 難しいかもしれないけど、僕たちはできるはずだ」

と、大一番での勝利を誓っています。

第2節は、近年成長著しいタイが、ホームで日本を迎え討ちます。

 

 

これから一戦一戦が、ロシアへの道につながっていきます。

難しい相手ばかりですが、日本人プレーヤーも海外での経験が増え、逞しさを増しています。

6大会連続のワールドカップ出場に向けて、がんばれニッポン!

 

最後に、この2試合のテレビ中継のご案内です。

 

【2018ワールドカップ ロシア アジア最終予選 テレビ放送】

①『SAMURAI BLUE(日本代表) 対 アラブ首長国連邦(UAE)代表』

  2016年9月1日(木) 19:35 キックオフ(予定)

  @埼玉/埼玉スタジアム2002

  1.地上波 19:00~21:35 テレビ朝日系列 LIVE

  2.衛星 18:30~21:50 NHK-BS1 LIVE

②『タイ代表 対 SAMURAI BLUE(日本代表)』

  2016年9月6日(火) 19:15(日本時間21:15) キックオフ(予定)

  @ラジャマンガラスタジアム(タイ/バンコク)

     1.地上波 21:00~23:15 テレビ朝日系列 LIVE

     2.衛星 20:55~23:35 NHK-BS1 LIVE

 

 

日本代表に熱いエールを送りましょう!!

 

Please reload

最新記事

February 25, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2016-2020 alegrun tokai