ひざの痛み -オスグッド・シュラッター病- “原因その2”

October 21, 2016

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

 

 

さて、オスグッドシュラッター病について、その原因を考えたいと思います。

 

成長期に起こりやすい、ひざ下の痛み・・・

これが「オスグッド・シュラッター病(*以下オスグッド)」でした。

※その詳しくは、これまでの記事をご確認ください。

    ➠ひざの痛み -オスグッド・シュラッター病-

       ひざの痛み -オスグッド・シュラッター病- “原因その1”

 

ひざ下にある、すねの上部の骨を引っ張っている原因となっているのが、

大腿四頭筋(太もも前側)の筋肉です。

この太もも前の筋肉が、硬直している元となっているもの

 ① 高強度のひざの曲げ伸ばし運動を行っている

 ② 太もも前側が緊張する姿勢や動作を行っている

まずは、この2つを確認していただくことをお勧めしました。

 

では、それ以外はないのでしょうか?

今回は、「意外と気がつきにくい部分」にスポットを当てたいと思います。

 

前回も書きましたが、

「ひざの曲げ伸ばしを行わないスポーツは、ほとんどありません」

陸上で行うどのスポーツも、大半が走ることを基本にしているからです。

“走ること=ひざ”を使います。

 

しかし・・・一般的に、良い動きをするアスリートは、ケガが少ないといいます。

同じトレーニングメニュー(*学校等では、同じ活動や同じ遊び)をこなしても、

ケガをしやすい人と、ケガをしにくい人に分かれます。

 

なぜでしょうか?

 

それは、ケガをしにくい人は、同じ運動をしていても、

『負荷のかかり方が違う』からです。

負荷のかかりやすい動きのポイントとは?

 

次は、その説明になります。

 

⑴ 腰が落ちたまま動いている

⑵ 身体に力を入れてしまう癖がある

 

今回は『腰が落ちる』ということについて書きたいと思います。

 

◎腰が落ちたまま動いている

腰が落ちると、太ももに負荷をかけます。

では、『腰が落ちている』ということは、どのようなことでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、走っている時を想像してください・・・。

 

腰が落ちた人は、接地した瞬間に膝が曲がり過ぎていて、

「腰が低い位置」になっています。

横から見ても、身体の軸がまっすぐ保てていないため、重心移動が上手くできません。

したがって、脚の筋力だけに頼る走り方になります。

 

[腰が落ちた動きの具体的な特徴]

 下の中で一つでも見つかった場合は、「腰が落ちている可能性大」です!

その1.腰が後に引けていて、上半身が前に被っている

その2.上半身が棒立ちで、膝が曲がっている

その3.ベタベタ、バタバタとした走りになっている

              …接地した足がなかなか地面から離れないため、“重い印象の走り”になります。

       そして、前になかなか進めません。

 

上記のような走り方(動作)は、決して効率的ではないため

短距離走ではスピードが出にくい

長距離走では足腰が疲れやすい

です。

 

理想の身体の軸は、“横から見て垂直で一直線”です。

つまり、頭のてっぺんから・・・首・肩・腰・膝・足首が一本通った状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰が落ちながら動いている人は、

それまでずっとその姿勢や動きで、現在まできたために、

自分では「腰が落ちているとは思っていない」ことが多いのが実情です。

 

腰が落ちる大きな原因の一つは、悪い姿勢のまま動いていることがあります。

まずは、オスグットの先回の記事(-オスグッド・シュラッター病- “原因その1”)をご参照の上、

ご自身、またはお子さまの姿勢のチェックと改善に努めてください。

 

[腰が落ちてしまう要因]

❶体幹の力が弱い(*腹筋、背筋等、姿勢を維持する筋肉が弱い)

❷脱力する(楽な姿勢をとる)ことがクセになっている

❸姿勢をキープすることへの意識が乏しい

 

❶ですが、「腰が落ちるのは腹筋がないからだ」ともいわれますが、

ただ鍛えるだけでは、あまり改善はされません・・・。

やはり、『良い姿勢への意識』が大切になってきます。

「頭を上に突き上げる」、「頭のてっぺんからつり下げられているような」

意識を必ず持つことを忘れないでください。

 

近年、子どもたちの中で多いのが、❷であると感じます。

日常の中で、難しい姿勢をとることが減り、反対に楽な環境に浸かっています。

例えば車であれば・・・

自動スライドドア、低床、センターピラーレス(*中央の柱がない)、リクライニングシートなど、

人間にとって、どんどん“楽”な仕様になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

日常生活でも、一般的な住宅でもバリアフリー化が進み、

年齢に関係なくつまずくことを回避する(*姿勢を整え、段差や障壁をよける)ことも

少なくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、学校や家庭においても姿勢を良くするという働きがけ自体が、減ってきているのも事実です。

(◆挨拶・返事・履物をそろえる・姿勢を正す・食事のマナーといった、“態度教育”が低下してきています)

姿勢を正すこと・・・立腰(りつよう)というものを日頃から取り入れておくことで、

運動時の姿勢も変わってくるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、腰を落とさないで動くには・・・

意識と体幹の力が必要です。

 

 

最後に、一流アスリートの腰が落ちない、美しい走りのフォームをご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 [上]デービッド・レクタ・ルディシャ選手(ケニア)

    リオデジャネイロオリンピック、800m 金メダルリスト

 [下]モハメド・ファラー選手(英国)

    リオデジャネイロオリンピック、5000m、1万m 金メダリスト

 

“腰を落とさない”

そのポイントを押え、実践することで、姿勢は良いものに変わり、

ひいては、オスグッドを防ぐことにもつながります!

Please reload

最新記事

February 25, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2016-2020 alegrun tokai