運動神経について

July 20, 2016

いつもホームページをご覧いただき、ありがとうございます!

 

 

さてさて、このホームページは、“子どもたちのスポーツクラブ”、

「アレグラン」のホームページです。

 

きっとこのページにたどり着いた多くの皆さまは、

 

『子どもに運動をさせたい』

『子どもが運動をもっと好きになってほしい』

『子どもが身体を動かすことに自信を持ってほしい』

 

と思われた方ではないでしょうか?

 

また一方で、

大人の方(保護者さま)自身が

 

「あの人は運動神経があるね・・・」

「自分は運動神経がないから・・・」

 

といった言葉を、ついつい、使ってしまってはいませんか?

 

実は、『神経がない人はいません』

一般的に言葉に出して使っています運動神経とは・・・運動をつかさどる神経系のことで、

つまり、身体(※内臓を含む)の“筋肉の動きを指令する”ために信号を伝える神経の総称です。

したがって、誰もが一様に有しています。

 

残念ながら、運動神経が

「ある」

「ない」

といった言葉が、一般化していることからも分かるように・・・

「人の身体の動きがどのようにして行われるのか?」、

また

「その動きの良しあしの原因は何なのか?」

ということが、

正しくは広く理解がなされてはいません

 

少し大ざっぱな言い回しになってはしまいますが・・・

身体を動かすのは、自分自身です。

自身の脳からの指令が神経に伝わって、筋肉が動かされるのです。

 

身体を動かすこと(脳から全身への指令を出すこと)を継続していけば、

確実に、身体は上手に動くようになります!!

 

 

身体を上手に動かすための、実際の取り組み(実践)については、

クラブの活動報告、“アレグラン日記”をご確認ください。☆彡

 ☟

http://alegrun.link/

 

 

 

 

Please reload

最新記事

February 25, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2016-2020 alegrun tokai